ひまわりブログ

~元保育士主婦の絵本と暮らしを楽しむ生活blog~

【魔法の積み木】KAPLA(カプラ)がすごい!【大人もハマる】

 

『幼稚園で大人気の玩具』を

紹介したいと思います!

 

シンプルで自由に遊べる! 

大人も子どもも夢中になれる

不思議な世界!

 

・『KAPLA(カプラ)』

 

【カプラとは?】

カプラはフランス生まれの造形ブロックです。
夢のお城や巨大な怪獣。
乗り物や動物を創りだすのは
木目が美しいシンプルなピース。

カプラ (kapla) はオランダ人

Tom van der Bruggen によって考案された、

積み木の一種である。

 

カプラという名前はオランダ語の

"kabouter plankjes" (小さな板) に由来する。

カプラはフランスランド県の松の木から

非常に正確な寸法で削られてできています。

 

その厚さ、幅、長さ (117,4 mm) の比は

1:3:15であり、この寸法はすべての

カプラシリーズで同じである。

 

組み立てにはどのような他の部品も

必要がなく、ただ木片の上に他の木片を

積み上げて行くだけで複雑なものまで

作ることができる。

 

 

3歳には3歳、5歳には5歳の楽しさ!

いろいろな遊び方ができ

年齢に合わせた楽しみ方があり

どの年齢でも遊べます。

 


【「カプラ」って難しい???】

でも、、実はとても「簡単!」と言いたいところですが、、

簡単とは言えないかもです!
「カプラ」は大人だって楽しめるもので

奥深いおもちゃなのです。


遊び方を知っているのと知らないのとでは、

「カプラ」の世界が全然違うのです。

 

私は幼稚園で務めているときに

カプラの講師の先生が来て下さり

親子参観で『カプラあそび』をしました。

 

その時子どもはもちろん!

大人の方が真剣になり

子ども一緒に楽しい時間を過ごすことが

できました!!

 

高く積んで誰が一番高く積めるかなど

ゲームも行いました。

 

保護者の方も夢中になり

高く積み上げたり、お家を作ったりと

想像豊かに遊び広げておられました!

 

倒れそうになると

『あー!そーっと!そっーと!』と

声が聞こえてきたり、、

 


集中力や想像力が育つと評判おもちゃ!

 

幼稚園で遊んだ子どもたちは

お家に帰って『カプラお家でもしたい』と

言う子がたくさんいました。

 

クリスマスプレゼントやお誕生日に

もらったという子も

たくさんいるぐらいでした!

 

雨の日には

室内でカプラ大会などが大人気!

 

面白いロボットを作ってる子もいました!

 

 

大人より子どもたちの方が

想像力がとても豊かで

いろいろな面白いものを作ってくれます!

 

 

年齢関係なく遊べるのが

魅力的ですよね〜〜

 

そして最後に、、

『積んだり作ったりする楽しさ』

だけではないのが、この『カプラ』の

もうひとつの魅力!

 

それは、、

『倒す楽しさ』もあるからなのです!

 

作って、最後に倒す!

『倒したらダメ!』という概念など

一切なくて、倒したら音の楽しさや

開放感なども楽しさのひとつ!と

講師の方もおっしゃってIKEAました。

 

なので、お友達が当たって

倒してしまったとしても、

『いいよー』と言える優しさ。

 

ぜひ、倒す楽しみも一度行ってみてください。

 

200本のものや280本のものもあります。

280のものは、木の箱に入っています。

 1000のものは木箱の下にコマがついています。

1000本入っているため持ち運びは

とても重くなっているのでコマがついているみたいです。

 

大きい建物を作るとなると

たくさんのカプラを使うのですが

はじめから多く準備するのではなくても

段階をふんで、増やしていっても

いいかもしれませんね~

 

 

 最後まで読んでいただいて

ありがとうございます☺

 

↓ブログ村のランキングに参加しています

よかったらクリック応援お願いします☺

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ